1. HOME
  2. ブログ
  3. もう梅雨入り

もう梅雨入り

九州北部と山口県は、5月15日に「梅雨入り」宣言となりました。記録がある中では過去2番目に早い梅雨入りだそうです。

「梅雨」の由来は様々のようですが、梅の実が熟す頃なのでとも言われるように、境内の梅の実も色づき始めていました。

雨が多くジメジメする「梅雨」が好きという人はそうはいないものですが、農業や稲作にとっては無くてはならない時季。

「梅雨」にまとまった雨が降ることで、田んぼに水を張ることができ田植えができる。稲作にとっては恵みの雨です。

また山にとっては、森林の木や土に水分をたっぷり与えてくれますし、海にとっても、山の養分が川から海へと流れていくことで、海の生物の栄養源を増加させてくれます。

こうして考えると「梅雨」の恵みは大切ですねえ。

今日は、御神田の「御田植祭」の日。雨天になるので神社の本殿で神事を行い、田植えの奉仕に向かってもらいました。

悪しき風、荒き水、害虫などの災い無く、秋に豊かな実となるよう祈りました。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK