1. HOME
  2. ブログ
  3. 須金の八幡さんの春祭り

須金の八幡さんの春祭り

私が兼務で宮司を務める神社は周南市内に10社あります。

そのうち9社は先代より引き継いだ神社ですが、須金(すがね)の亀山八幡宮は前宮司さんが急逝されたことで、勧請元の遠石八幡宮に相談があって、当時禰宜だった私が平成19年より宮司を務めている神社です。

氏子戸数は約200戸が年々減少しつつある、過疎化高齢化の進む中山間部にある山の上の神社です。

須金地域は、中学校も無くなり、農協も無くなり、路線バスも無くなり、無いものも多いところなのですが、逆に街中には無いものも沢山あります。

たとえば、みんなの郷土愛。何とか地元を良くしようという前向きな気持ち、自分たちでできることをやろうという行動には、こちらも元気をもらいます。

それから、みんな顔見知りなこと。年の差に関係なく地域の人を良く知ってるのには感心します。誰が何の仕事で何が得意とかも知っているので協力もすぐ成立します。

そして、みんなの自立心。まず自分で問題解決しようという心がけです。何かを修理したりする時にも、どうすれば自分たちでできるかを相談して自分たちでやってのけます。すぐに業者さんに頼んだら・・・と思ってしまう私などは、自分で何とかしようという気が無いことに反省させられます。

今日、5月5日が毎年の春祭りでしたが、総代さんとご一緒しながら、そんなことを改めて感じました。

祭りの後、餅まきに来てくれた子供達の歓声を聞きながら、将来この子達が総代さん達のように須金を愛する大人になってくれたらと願う気持ちになりました。

 

 

 

 

 

カテゴリー

過去の記事

月を選択

LINK