1. HOME
  2. ブログ
  3. 新帝陛下御即位をお祝いしましょう!

新帝陛下御即位をお祝いしましょう!

いよいよ、4月30日天皇陛下が天皇の御位を皇太子殿下に譲られ、5月1日に新帝陛下の御即位を迎えます。

今年はこれまで、天皇陛下御即位三十年、天皇皇后両陛下御結婚満六十年の年をお祝いし、天皇皇后両陛下へ感謝する祭典や行事が行われてきました。その折々、天皇皇后両陛下の歩みを振り返りつつ、天皇陛下の御存在の尊さが改めて胸にこみあげてきたことを思い起こします。

「国安かれ、民安かれ」と祈りつつ、国民の喜び悲しみに寄り添い、直向きにお務めを果たしてこられた両陛下のお姿は、多くの国民の心に深く響いて皇室に対する敬慕の念は一層高まり、世界の国々からも日本に対する好意と関心が高まったことは申すまでもないことでしょう。

皇位継承後は、上皇陛下、上皇后陛下となられますが、今まで同様国民に温かい眼差しとお心を注いでいただきたいと願いつつ、ご健勝に穏やかな日々をお過ごしになられますことをお祈りして止まない次第です。

 

そして、5月1日には「剣璽等承継の儀」を以て新帝陛下が即位され、元号は「令和」に改元されます。御即位は、初代神武天皇より126代目となられ、2679年の歴史を有します。また「令和」への改元は、「大化」以来248番目で1374年目の歴史を有します。

皇位の継承が、どのような時代にも途切れることなく続いてきたことは、安定した国家であったことの証でしょう。また、わが国が独立した国家として元号を制定して以来、連綿と元号が絶えずに続いていることは、様々な困難な中にも独立を保ち続けてきたことの証でもあるでしょう。

「天皇のご存在は一国の緩和力である」と福沢諭吉は言い、それは「統合力」とも言い換えられると書かれたものがありました。事にあたって国民が苦難を受け止める「緩和力」や、事に向かって国民が心を一つにする「統合力」の源、それは天皇のご存在なのです。

よってわが国の長い歴史は、天皇のご存在があってこそなのであります。

わが国が天皇を戴く歴史ある国であることを誇り、天皇を中心にまとまり安定した国であることに感謝し、国民として今、新帝陛下の新しい御代を迎えられることをみんなでお祝いしましょう!

どうぞこの祝日を、家庭や会社に国旗を掲げて、お祝いしましょう!

5月1日 午前6時

「新帝陛下御即位奉祝祭」斎行

当日お参りの方500名にお祝の紅白餅を授与します

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK