1. HOME
  2. ブログ
  3. 草津市よいとこ

草津市よいとこ

地元周南市は、平成25年3月に認定を受けた「中心市街地活性化基本計画」に
基づいて、徳山駅前を中心とする街中の再生に取り組んでいます。
私も、タウンマネージメント会議委員長という立場で関わっており、
先日、再開発事業の視察で、滋賀県草津市へ行ってきました。
こちらの方で「草津市」と言うと、たいがいの人が「草津温泉のあるところ」と勘違いされて
しまいますが、琵琶湖の南西にあって人口約14万人の滋賀県第2の都市。
京都駅から電車で20分という利便性の高い街です。
rsDSC_0363kusa.jpg
かつては中山道と東海道の結節点の「草津宿」として栄えた街。
今は京阪神のベットタウンとして人口が増え続け、なんと・・・
「住みよさランキング」において、2年連続、西日本1位!の街なんです。
rsDSC_0353kusa.jpg
再開発の先頭を切った駅前の「LTY932」。
rsDSC_0356kusa.jpg
ビルの谷間に憩いの空間として開業の「niwa+(ニワタス)」
rsDSC_0349kusa.jpg
商店街に聳え立つ111mの「TOWER111」。
ご案内、ご説明をいただいたのは、草津まちづくり株式会社の伊勢村社長様と
草津市の職員の方。
伊勢村社長は、「TOWER111」理事長であり、商工会議所の副会頭でもあって、
再開発事業における苦労談や草津のまちづくりへの思いなど、貴重なお話を伺うことができ
一同感謝感激でした。
大事業である再開発は、まとめ役となる理事長の存在が想像以上に大きいと痛感。
「役得でなく役損ですよ」と言われた伊勢村社長の笑顔が印象的でした。
歴史にも自然にも恵まれて、住環境が整い利便性が高い「草津市」。
♪草津市~よいとこ~♪ でありました。

カテゴリー

過去の記事

月を選択

LINK