1. HOME
  2. ブログ
  3. 慎みて怠ること莫れ

慎みて怠ること莫れ

7月15日夕刻、遠石会館にて
父の名誉宮司、私の宮司への就任を祝う会を開催していただきました。
崇敬会会長、責任役員の方々が発起人となってご案内いただき、
270名の皆様にご出席いただいて、温かいご祝意を賜りました。
身に余る光栄、感激の極みであり、生涯の励みとなりました。
乾杯後、皆様へお礼の挨拶に回りました。
お一人お一人から、父への慰労と私への激励の言葉、祝福の笑顔を頂戴しました。
これも、父祖が宮司として歩んできた道の余徳と、有難さが身に沁みました。
それから、体に気を付けるように、というご忠告も多く頂きました。
父はお酒が苦手ですが、私は結構いける方とよく御存じの方々から・・・
健康管理が一層大事な仕事となる、というご指導でしょう。
        「慎みて怠ること莫れ」  (ツツシミテ オコタルコトナカレ)
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征にあたり伊勢の神宮に詣でた際、
叔母にあたる倭姫命(ヤマトヒメノミコト)から、天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)と共に
授けられた言葉です。
宮司としての初心に思いを巡らす中で、この言葉が思い浮かびました。
慎みの心をもって気を緩めず、勇気をもって怠らず進め、と解しました。
宮司としての初心を忘れず、また、多くの皆様から頂いた祝意に沿えるよう、
日々努力しなければと心を新たにしております。
今後とも、何とぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー

過去の記事

月を選択

LINK