1. HOME
  2. ブログ
  3. 清めの雨で大祓

清めの雨で大祓

今年前半最後の日、6月30日。
半年間の罪穢れを祓い、無事夏を越せるよう祈る「夏越の大祓式」を斎行。
午後から予報通りに雨天となり、大祓式は本殿内で行いました。
まさに、「清めの雨」が降りしきる中での大祓となりました。
rsDSC_0003.jpg
大祓の日の「清めの雨」は、1日の朝の内まで降り続けました。
罪穢れがすっかり洗い流されるような、そんな降り方の雨でした。
大祓式で奏上する「大祓詞」(おおはらいことば)の中にも、
“祓われた罪穢れは川を下って大海原へ流れ込み飲み込まれる” という件があります。
まさにそんな光景が思い浮かびました。
明けて、今年後半最初の日、7月1日。
これからの半年間に皆様の願い事が叶うよう、神前に七夕の笹竹を設置しました。
出会いや上達を始め、さまざまな願い事が叶うよう、神前の笹竹に短冊をお納め下さい。
7月7日まで、短冊と笹竹を設置しております。
rsDSC_0011.jpg

カテゴリー

過去の記事

月を選択

LINK