1. HOME
  2. ブログ
  3. 禰宜から宮司へ

禰宜から宮司へ

春4月。
春祭りの季節を迎えています。
そして、新年度を迎えて、入学式や入社式、歓迎会などなど、
様々な節目の行事で賑やかな頃となりました。
4月はスタート、心機一転の季節ですね。
さて、私こと、この4月1日より、遠石八幡宮の宮司を拝命いたしました。
父祖の後を継ぎ、第57代目の宮司に就任いたしました。
また併せて、兼務する11神社の宮司も拝命いたしました。
徳山毛利初代藩主を祀る崇敬神社や、過疎の深刻な山や島の氏神神社まで、
各神社の事情は様々ですが、総代さんと一緒に護持奉仕に努めたいと存じます。
振り返ってみますと、ちょうどこの4月が、神職として30年目のスタートでした。
これまで、多くの先輩に導かれ、多くの方々に支えられてきたことに感謝しつつ、
その恩に少しでも報いるため、自らの使命を果たしていかねばなりません。
もとより浅学菲才の身ではありますが、次の代へこの襷をつなぐまで、
一意専心奉仕してまいりたいと存じますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
             neginegi.jpg
     「禰宜のひとりごと」のタイトルも、まもなく変更させていただきます。

カテゴリー

過去の記事

月を選択

LINK