1. HOME
  2. ブログ
  3. 年の始の空白み初む

年の始の空白み初む

天気予報が気になりますが、三が日が穏やかな天候となることを祈りつつ、
皆さんに清々しく、おめでたい初詣となるよう、準備を進めています。
神社では、初詣の準備をすべて終えた大晦日の午後4時より、
本殿にて「年越の大祓」(としこしのおおはらい)を行います。
今年の罪穢れを祓い、新年を迎える行事です。
参列ご希望の方は、どうぞご本殿までお越しください。
元旦は、午前零時から「歳旦祭」(さいたんさい)を斎行。
歳は年、旦は初めという意味で、新年最初のお祭りです。
こちらは参列できませんが、新年を祝い、皇室の弥栄と国の平和と繁栄、
地域社会の幸福と発展をお祈りします。
こうした年末年始の祭事は、全国の神社で行われますが、宮中においても同様に
行われていることは、多くの方がご存じないことかもしれません。
元旦には、天皇陛下自ら、「四方拝」(しほうはい)と「歳旦祭」をご奉仕になられているのです。
「四方拝」は、元旦夜明け前の午前5時30分、御装束を召された陛下は新嘉殿前庭に
下り立たれ、まず伊勢の神宮をご遥拝になり、次に四方の神々をご遥拝になられます。
その後の「歳旦祭」にて陛下は、賢所に進まれ御拝礼、皇霊殿、神殿にも拝礼されます。
これに続いて、皇太子殿下も賢所に進まれ御拝礼、皇霊殿、神殿にも拝礼されます。
これら元旦の祭典は、天皇陛下と皇太子殿下以外、皇室方の参列はありません。
よってこの間、皇室方は各宮家で、祭典終了の報告まで謹んでおられるようです。
宮中では、この歳旦祭が終了して初めて、新年を迎え、新年の挨拶をされるのだそうです。
  天皇陛下御製
        神殿へすのこの上をすすみ行く 年の始の空白み初む
  皇后陛下御歌
        年ごとに月の在りどを確かむる 歳旦祭に君を送りて
元旦に、天皇陛下が、国家国民の平安を祈られる日本のお正月。
私たち日本人は、こんなありがたい新年を迎えているんです。
お正月こそ、日本の素晴らしさ、日本の有難さをいっぱい感じてほしいものです。
皆様、どうぞ良き新年をお迎えください。
そして、来年もよろしくお願いいたします。      感謝
ganntannkeidai1.JPG
 平成26年の元旦境内

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK