1. HOME
  2. ブログ
  3. 夏越の祓い

夏越の祓い

このところ、初夏というより真夏のような暑ささえ感じますが、これからいよいよ
ジメジメした梅雨を迎え、ピカーと日が照る盛夏を迎えます。
実は、夜中に暑かったんでしょうね、不覚にも布団を被らず寝てしまったせいか、
昨日の朝から声がガラガラ、カサカサ。 困ってます。
皆様も、日中と明け方の気温差が大きい時期なのでぜひ注意して下さい。
20140601.jpg
さて、6月1日、今朝から「人形(ひとがた)」と「茅(ち)の輪」を本殿前に設置しました。
今日から、「夏越(なごし)の大祓(おおはらい)神事」の開始です。
20140601hitogata.jpg
「夏越の大祓神事」は、「人形」に息を吹きかけ体をなでて、自分の半年間の罪穢れをうつし、
「茅の輪」を左・右・左とくぐって、心身を清らかにしてお参りをします。
気力体力が衰退する夏、暑さの厳しい季節を無事に越せるよう祈る神事です。
6月30日までの間、神門下にて人形へ記入し、本殿前の茅の輪をくぐれます。
誰にとっても大切な「健康」を願って、ぜひご参拝ください。
また6月30日には、午後4時より「大祓式(おおはらいしき)」の神事を行います。
ご自分やご家族の身についているであろう、そして地域に潜んでいるであろう、様々な
罪や穢れ(気枯れ)を祓い清めて、元の気(元気)、清らかな気(精気)を取り戻す神事です。
午後から神事終了後までの間、「水無月」という厄除けの菓子とお茶の接待もございます。
ぜひお越しください。
       水無月の 夏越(なごし)の祓い する人は
                      千歳(ちとせ)の命 延(の)ぶというなり

カテゴリー

過去の記事

月を選択

LINK