1. HOME
  2. ブログ
  3. 平和が守れるように

平和が守れるように

憲法記念日、「憲法フォーラム 山口県民の集い」に参加してきました。
会場の山口県神社庁には約120名が参加。
東京で開催の「憲法フォーラム」がインターネットで中継されました。
%E6%86%B2%E6%B3%95.jpg
憲法は後生大事に神棚に上げておくものではない。
国民の生命、財産を守り、幸福に暮らせるように変えていくべきもの。
日本の憲法は、成文憲法を保有する188か国中14番目に古く、一度も改正されていない
憲法として世界最古。
ゆえに、世界の国々が規定している緊急事態、環境保護、家族保護などの項目もなく、
現在の国家基本法として欠陥が多い。
百田尚樹さん曰く、
集団的自衛権が行使できない状態では、頼りの日米同盟も機能しない。
「憲法9条があるぞ!」って言って、攻撃しようとする相手に通用するかどうか、
9条信奉者がまず前線に立ってみたらどうか?
期待通りの百田節でした。
憲法改正は9条だけに限らず、様々な項目が国民投票に託されることになります。
世界の情勢、日本の未来をしっかり考え、国民が自ら判断しなければならない時がきます。
「憲法を改正すると戦争になる」などと煽る、一部マスコミに努々踊らされないように、
冷静に憲法への関心が高まることを願いたいものです。
帰り道、山口市仁保で、川の上にたくさんの鯉のぼりが泳いでいました。
%E4%BB%81%E4%BF%9D.jpg
こんな平和な風景がずっと守れるように、時代に合った憲法に変えなきゃいけないんですね。
櫻井よしこさんも、「私たちは、子供たちに恥ずかしくない日本を引き継がなければなりません。」
と言っておられました。

カテゴリー

過去の記事

月を選択

LINK