1. HOME
  2. ブログ
  3. 文化財プレート

文化財プレート

昨年12月、遠石八幡宮の社殿群8件が、国の登録有形文化財に指定され、
今年2月には、登録証と文化財プレートを市長さんより伝達いただきました。
設置する場所や方法を相談している内に月日が過ぎてしまい、昨日やっと、そのプレートを
拝殿脇に設置することができました。
bunnkazai%20pure-to.jpg
春祭りまでには、皆様にお披露目しなくては、と思っていましたのでぎりぎりセーフ。
今日の祭りの後で、皆さんにご覧いただくことができました。
また直会の席では、社殿建設の当時を偲んでいただこうと、現社殿竣工記念に発刊された
写真帳の中から、地鎮祭、上棟祭、遷座祭などの写真などを抜粋しプロジェクターで紹介しました。
上棟祭の写真の中には、神幣役を奉仕した小学校2年生当時の現宮司の姿も。
当時のことを知るのは、かかわった人の中でも現宮司だけかもしれません。
%E4%B8%8A%E6%A3%9F%E7%A5%AD.jpg
 右側の写真
本殿の竣工は昭和15年。
写真帳には工事年表のページもあり、当時の記録が詳細に書かれています。
この年表の一つ一つから、当時の方々が精魂込めて建設にあたられた敬神の心や、
官民挙げて取り組まれた大事業であったことが伝わってきて、現社殿をお守りしていくことの
重みを、改めてずっしりと感じます。
文化財プレートを目にされることで、市民の方々が、郷土の先人から受け継ぐ立派な財産で
あることを感じていただければと願っています。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK