1. HOME
  2. ブログ
  3. 遷御の儀を奉拝

遷御の儀を奉拝

10月2日、皇大神宮(内宮)「遷御」(せんぎょ)の日。
「日の大神様」の遷御は、晴天に恵まれました。
senngyo00.jpg
皇族代表としてご参列の秋篠宮殿下のご到着。
幸運にも宇治橋前でお迎えすることができました。
この日は午後から明朝まで、一般参拝者は宇治橋から中に入れません。
sennguu01.jpg
神域に設けられた奉拝席3000の規模は圧巻でした。
皆さん早めに奉拝席へ移動し待機を。
午後5時半以降は、退席の案内まで、一切席を立つことはできません。
sennguu02.jpg
午後6時、太鼓の合図で奉仕員の参進が始まります。
太鼓の音がかすかに耳に届きました。風向きが良かったのでしょうか。
次第を見ながら、参道での祭儀の進行を想像します。
senngyosidai.jpg
徐々に、神域には暗闇と静寂が深まっていきます。
かがり火と提灯の灯りだけ、虫の音と風の音だけの世界。
奉拝席からは、御正宮の中で行われている祭儀の様子を只々想像するだけです。
senngyo03.jpg
お定めの午後8時を期して「出御」が始まりました。
神楽歌が聞こえ始め、列が石段を下りてくるのがかすかに見えてきます。
列の中心、絹の布で囲まれた「御(ぎょ)」(ご神体)が進むにしたがって
かがり火が消され、浄闇の中に奉拝席の前、雨儀廊の中を通り、石段を上がって
新宮へと入御されました。
神々しさの極みを感じました。
この場で、この空気に触れることができ感激でした。
神様の尊さ、歴史の重さ、遷宮の素晴らしさに感動しました。
この「遷御」の様子は、神宮式年遷宮広報本部よりネットで配信されています。
昨日私も拝見し、祭儀の様子がよくわかりました。解説もあります。
11月3日まで配信されてますので、どうぞご覧下さい。
  
  「遷御の儀」動画配信 http://media.sengu.info/

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK