1. HOME
  2. ブログ
  3. 特級昇進を祝う会

特級昇進を祝う会

DSCF0134.JPG
 祝辞を述べられる神社本庁田中総長様  
大先輩の神職身分特級昇進をお祝いする祝賀会が、山口市で開催されました。
185名が出席されたこの祝賀会で、不肖私が進行役を務めました。
大先輩にとって最高の晴れ舞台であり、神社界の重鎮が多数ご出席。
失敗、失礼の無いよう緊張の中でしたが、祝賀会は無事終了しました。
原稿で一番噛みそうだったのが、鏡開きで紹介する「永山本家酒造場」。
鏡開きの乾杯酒が、永山本家酒造場の銘酒「男山」だったからです。
“しゅぞうじょう” どうです? 言いにくくないですか?
本番では、ギリギリセーフでした。
祝賀会は、大先輩ご夫妻のお人柄からでしょう。
祝宴になってからは、本当に和やかな雰囲気の祝賀会でした。
会場の皆さんがみんな笑顔だったような気がします。
司会席で、ご来賓からの祝辞や、大先輩からの謝辞を拝聴しながら感じたのは、
素晴らしい先輩を持つことは、後輩にとって大変幸せな事だなあ、ということでした。
大先輩のような立派な神職にはなれなくとも、その足跡から学ぶことは沢山ある。
そう思いました。
ご参考までに・・・
神職には、その経験や功績によって神社本庁より「身分」が与えられます。
身分は、四級・三級・二級・二級上・一級・特級と、6つに区別されています。
特級は「最高位」であり、神職の中でも数少ない存在です。
現在、山口県内で身分が特級の神職は3名です。
因みに私は、現在二級にございます。

カテゴリー

過去の記事

月を選択

LINK