1. HOME
  2. ブログ
  3. 教育が領土を守る

教育が領土を守る

内憂外患。
日本は大丈夫なんだろうか?
という不安を、今や多くの国民が感じているのではないでしょうか?
政治がこんなに混乱しても、他国が暴挙を繰り返しても、
日本人が冷静でいられるのは、天皇陛下のご存在があるからだと私は思います。
このような状況が、他国であれば恐ろしい事態になっていることでしょう。
我が国で暴動が起きないのは、政治も思想も超越し、誰彼隔てなく、
平和と幸福をひたすら祈って下さる天皇陛下の大御心に、国民が大きく
包まれているからだとしか、私には思えません。
反日的な国々は、このことをよく知っているんでしょうね。
少々いじめても日本人は切れないと、反日教育を止めませんもんね。
そして尖閣も竹島も北方領土も、「日本が奪おうとしている自国の領土である」
との教育を徹底しているようすであります。
方や、我が国の子供達が学ぶ教科書はというと・・・
国の検定を通った中学校公民の教科書7社の内、
北方領土、竹島を不法占拠と記述していない教科書が4社、
尖閣諸島を日本の領土と記述していない教科書が1社、あるんです!
こんな教育で、領土を守ることができるんでしょうか?
政治による決断も行動も、国民の支持が大きく影響するはず。
よって、国民の教育なくして領土を守ることはできない、ということに
なるのではないでしょうか?
yagisennsei.JPG
高崎経済大学八木秀次教授を迎えての勉強会

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK