1. HOME
  2. ブログ
  3. いなかの学校

いなかの学校

6年前から兼務で、須金(すがね)の神社の宮司を務めています。
須金は、平家の落人伝説のある山間の里。
過疎化、少子化、高齢化の進む約200戸の地域です。
その須金で、「いなかの学校2012 de 須金」が開催されました。
街の子どもと田舎の子どもが一緒に自然の中で体験学習をする、
というプログラムで、運営を友人達がつくったNPOが行っています。
その友人達の依頼で、夜に神社でお話しをさせて頂くこととなり、
夕方から須金に。
kare-tukuri.JPG
 お邪魔した時は夕食のカレーづくりの真っ最中
  
yuusyoku.JPG
 地元のお米と野菜で、すっごくおいしいカレーに!
 おもわずお代わりしました。
siturae.JPG
 夜の神社の雰囲気を感じてもらおうとキャンドルを持参しました
 
ohanashi.JPG
 神話「国生み」を聞いて頂きました。
 イザナギとイザナミ、名前だけでも記憶に残ったでしょうか?
今日は雨も上がったので、ツリークライミングや、昨日中止になったラフティング
などのプログラムで、子どもたちは元気に遊んでいることでしょう。
自然豊かな須金は、人も環境もとてもいいところ。
訪れる機会が増えることで、多くの人に目を向けてもらいたいですね。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK