1. HOME
  2. ブログ
  3. 人々の幸願いつつ

人々の幸願いつつ

27日(日)山口市阿知須のきらら浜にて開催の第63回全国植樹祭にご臨席のため、
天皇皇后両陛下が26日(土)いよいよ山口県に行幸啓されます。
 全国植樹祭 http://63syokuju.pref.yamaguchi.lg.jp/syokuju/about.html
山口県での全国植樹祭は、昭和31年に防府市で第7回大会が開催されて以来の
56年ぶり2回目だそうですが、ちょうど昨日お会いした防府市の方が、
「小さい頃に天皇陛下を間近でお迎えしたのを覚えている」とおっしゃられたので、
「それは昭和31年の植樹祭会場が防府市だったので、昭和天皇が行幸された時の
ことでしょうね」という話しになりました。
小さい頃の天皇陛下の印象が、ずっと記憶に残ってるんですねえ。
今上陛下の行幸は、ご即位以来平成15年11月の鹿児島県の行幸を以て
全国47都道府県をすべて巡幸されておられます。
そして天皇皇后両陛下は、その年の歌会始の「幸」の御題に、次のように
詠まれています。
 天皇陛下御製  
 人々の幸願いつつ国の内 めぐりきたりて十五年経(へ)つ
  
 
 皇后陛下御歌 
 幸(さき)くませ真幸(まさき)くませと人びとの
                  声渡りゆく御幸(みゆき)の町に
両陛下が、このような大御心(おおみこころ)を以て全国各地をご巡幸され、
国民の苦しみにも悲しみにも心を寄せられ、励ましのお言葉をかけてこられた
ことに、感謝と感動を覚えずにはおれません。
こうした両陛下の大御心に多くの国民が勇気づけられ、国造りに励み、我が国の
今日の繁栄があるのだと痛感します。
この度の全国植樹祭への行幸啓も、英国帰国後の間もない中、洵に有難き極みです。
両陛下行幸啓への感謝の気持ちを、あるかポートでの奉迎式典とご安在所に向けた
提灯奉迎で、多くの県民の皆さんと共にお伝えしてきたいと思います。
昨年秋の山口国体への行幸啓の折には、ご安在所周辺に適地が確保できず、
計画した提灯奉迎が叶わなかっただけに、奉迎委員会も今回の提灯奉迎には
熱が入っています。
その思いが通じ、27日はどうにか雨の心配も無さそうです。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK