1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本農業の危機

日本農業の危機

先日、山口県青年神職会の総会に出席してきました。
青年神職会は、神社に奉仕する40歳までの青年神職が集う組織です。
来賓として代理出席するお役目だったのですが、久しぶりに若い神主さんばかりの
会合で、清々しさを感じさせてもらいました。
私もかつて在籍し、いろんな活動や出会いを経験させてもらい、それが今の奉仕の
土台になっているように感じます。
総会の後の研修会にも同席させて頂き、山口イセヒカリ会岩瀬会長様のお話しを
拝聴しました。
御歳90歳を越えられた先生が1時間以上立ったままで、熱く語られました。
「幼い子供を見ると、この子達を絶対飢え死にさせちゃあいかん。
 非常事態に飢えを凌げる食糧は米しかない。
 若い神主さん、豊葦原水穂国の稲作を頼みますよ!」と。
なんと、ショッキングなことに、山口県の農家の高齢化は日本一だそうで、
全国平均66.1歳に対して山口県は70.9歳。
農家は凄い勢いで減っていきます。
しかも、農家の使う農薬のほとんどは石油から出来ており、石油が高騰すれば
日本の農業は壊滅するだろうとも。
耐病性・収穫性に優れ、農薬や農家の手が少なくて済むイセヒカリが、
日本農業を救う、というのが先生の持論です。
伊勢神宮の神田で発見された、神様から授かった稲、イセヒカリが。
山口県青年神職会は、平成15年以来イセヒカリ原種圃場の斎田にて、お田植え祭
・抜穂祭を奉仕しています。
いよいよ当宮も、今年から神田でイセヒカリを栽培してもらいます。
5月27日には、お田植え祭を奉仕の予定です。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK