1. HOME
  2. ブログ
  3. 開戦70年

開戦70年

大東亜戦争開戦の昭和16年12月8日より、今年で70年を迎えました。
今の日本が平和過ぎてずいぶん昔のような気になりますが、考えてみると
70年前って、そんなに大昔の事じゃあないですよね。
「日本だけが悪いことをした戦争」という、バランスを欠いた歴史認識の呪縛から
未だ抜け出せない日本ですが、あの戦争が仕掛けられた戦争であり、自存自衛の
戦争であったことを、今や多くの日本人も知る時代となりました。
日本国政府も、東京裁判史観の呪縛、近隣諸国の圧力に屈せず、毅然として日本の
名誉回復に向かってほしいと願いますが、現政治体勢では望むのも無理といった
ところでしょうか。
70年前の開戦の日、昭和天皇が発せられた『開戦の詔』の中には、
  東亜安定に関する帝国積年の努力は悉く水泡に帰し、  
  帝国の存立亦正に危殆に瀕せり。事既に此に至る。
  帝国は今や自存自衛の為、蹶然起つて一切の障礙を破砕するの外なきなり。
と、わが国が開戦やむなきに至った理由が「自存自衛」にあることが明確に
宣言されています。
「自存自衛」の戦いについては、占領軍司令官のマッカーサーが、帰国した後の
公式の場で、東京裁判について証言した言葉の中でも明らかになっています。
  「日本が戦争に突入した目的は、主として自存自衛(セキュリティー)のために
   余儀なきものであった」
経済封鎖によってわが国は追い込まれ、犠牲を伴うことは判りつつも、
戦って国土、国民を守る道を選ばざるを得なかったのです。
いや、尊い命を捧げても戦って下さったそのお陰で、植民地と奴隷になることなく
今の日本が存在していると言えるのです。
こうした日を契機に、日本人同志が正しい歴史認識を確かめ合い、先人達への感謝と
日本人としての誇りを語り伝えていかなければならない、そう思います。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK