1. HOME
  2. ブログ
  3. 神宮新穀感謝祭

神宮新穀感謝祭

伊勢の神宮へ行ってきました。
伊勢神宮崇敬会が主催する「神宮新穀感謝祭」というお祭りへのお参りで、
全国から多くの参拝団が伊勢に。
都道府県別に参拝日が指定されていて、山口県は5日でした。
例年山口県からの参拝団が少ないので、この度は神社庁の研修として神職13名で
参加してきました。
gekuusannsinn.JPG
 5日朝、外宮(げぐう)火除橋前に集合。
 外宮の参道を進む。朝の神域は凛として澄んだ空気。
 
gekuusannpai.JPG
 衣食住を司る豊受大神(とようけおおかみ)を祀るのが外宮。
 外宮の御正宮にて御垣内特別参拝。玉垣の中に進んでの参拝です。
kannsyasainobori.JPG
 内宮(ないぐう)に架かる宇治橋の前に掲げられた幟。
uzibashiniasahi.JPG
 例年冬至の頃には宇治橋の真上から陽が昇るんだそうです。(不思議)
mitarainikouyou.JPG 
 五十鈴川の御手洗場(みたらし)の水面には紅葉が赤く映っていました。
naikuuhe.JPG
 皇祖天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮の御正宮へ。 
 内宮の御正宮にて御垣内特別参拝。今年一年の感謝の気持でお参り。
misikiti.JPG
 25年秋の遷宮(せんぐう)に向けて準備も着々と進んでいました。
 
kaguradennnokiku.JPG 
 内宮神楽殿で御神楽が奉納されました。雅やかな時間が流れます。
 神楽殿の前に奉納の立派な菊。一本の木からこんなにも咲いていました。
kannsyasainaorai.JPG 
 新しくなった参集殿で式典。200名以上が出席で、式典後に直会。
 こんな直会のセットを戴きました。帰りの新幹線で戴きました。
oharaimati.JPG
 平日ながら門前のおはらい町は結構賑わっていました。さすがですね。
神宮では現在、式年遷宮(しきねんせんぐう)という日本最大で最高のお祭りが
進行中で、平成25年の秋にはそのくらいマックスとして、神宝のすべてまでを
新しくした社殿に神様にお遷り戴く神事が行われます。
こうしたお祭りの関係もあって、ここ数年来神宮へのお参りが増えていると、
神宮の神主さんがお話しされていましたが、いよいよこれから遷宮の大きな行事が
行われることを考えると、どんどん増えていくことでしょう。
皇祖神であり、太陽神であり、日本で最も尊い神である「天照大御神」さまを祀る
伊勢の神宮は、日本の神様の代表であり、国民すべての守護神と言えます。
神宮の神域を訪れれば、そのご存在の大きさを肌で感じられると思います。
お参りされたことのない方は、ぜひぜひお参りを。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK