1. HOME
  2. ブログ
  3. 歌会始の儀

歌会始の儀

今日も冷え込みの厳しい一日。
日中小雪も舞いました。今晩から明日朝が心配なところです。
今日と明日は、大学入試センター試験。
全国的に荒天となり、受験生、親御さんも心配なことと思います。
今朝も、受験生や親御さんらしきお参りを見かけました。
努力が実ることを祈るばかりです。
さて、昨日は「宮中歌会始の儀」が行われました。
今年のお題は「葉」。
 天皇陛下御製
 五十年(いそとせ)の祝いの年に共に蒔きし白樺の葉に暑き日の射す
 
 皇后陛下御歌
 おほかたの枯葉は枝に残りつつ今日まんさくの花ひとつ咲く
天皇陛下は結婚50年の時の場景を詠まれておられると思いますが、
仲睦まじき両陛下のお心が伝わってまいります。
歌会始は、ご皇族のみならず、誰でも参加できる国民行事です。
そして今回、一般応募2万首の入選10首に、周南市の岡本義明さんの歌が
選ばれております。すごいことです。
 山口県周南市 岡本義明さん
 草の葉の切れ端のこるシャワー室妻は夏日の草を刈りしか
神主は和歌に親しまねばなりませんが、なかなか難しゅうございます。
研修でも和歌を詠むことがありますが、添削だらけにございます。
しかし、三十一文字に凝縮された和歌というものは、日本の貴重な文化。
そして、心打つものであり、心を磨くものと存じます。
周南市教育委員会が、「子ども百人一首」という取り組みをされているのを
先日新聞で知りましたが、とても素晴らしいことですねえ。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK