歳旦祭

今年も後一日となりました。
正月準備も、寒い中、職員とアルバイトの皆さんが頑張ってくれ、
順調に進んでおります。
明日はいよいよ大晦日。
天気だけが心配ですが、準備万端整えて、参拝の方々をお迎えしたいと
思います。
大晦日には、午後4時から「師走の大祓式(おおはらいしき)」を行います。
本殿で、今年の罪や穢れを祓い清めます。
この「大」は「公」の意。
全国の神社で「大祓式」が行われ、国中が清められるということです。
そして、元旦午前0時を迎えて「歳旦祭(さいたんさい)」を行います。
歳旦祭は、新年を言祝ぎ地域の平和と繁栄を願う年始の祭り。
全国の神社でも歳旦祭は行われますが、宮中においても、天皇陛下自らが
歳旦祭をご奉仕になられ、国民の幸せと国の平安を祈られるのです。
  天皇陛下御製  歳旦祭 
「明け初むる 賢所の庭の面は 雪積む中に かがり火赤し」
夜明け前の寒さの中を、国家・国民を思い、祈りを捧げられる陛下のお姿が、
目に浮かんでまいります。
宮中で、神社で、そして家々で、「新年の祈り」が行われる。
良き年を日本中が祈る。
それが、日本のお正月なんですね。
今年もブログをお読み頂いた方に、深く感謝します。
 

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK