1. HOME
  2. ブログ
  3. 豪雨の中の京都紀行

豪雨の中の京都紀行

今朝の青空は、ほんとに「梅雨明け」って感じの快晴でした。
前日まで豪雨が続いたので、余計にそう感じました。
それにしても近年の豪雨は異常です。
被災した地域の方々の映像を見て、本当に気の毒に思います。
さて、そんな豪雨の中の14日、大変お世話になった方のお祝いの会があり、
京都まで行ってきました。
その日の朝は在来線が運休というニュースが流れ、いよいよ新幹線も小倉~広島間で
運転を見合わせている、という状況。
「どうしても行きたいが、新幹線が動かなければあきらめよう」と決心。
一分の望みをかけてかなり早めに家を出ることにしました。
徳山駅では、ダイアは2時間以上遅れているとのこと。
取り敢えず切符を買って改札を入ってみれば、「今ホームに一本停車中だが、
いつ発車するかはわからない」とのこと。
乗って待とうと、飛び乗ると運良く座れる。
かなり待つかもと覚悟しながら本を広げたが、30分もしない内に発車した。
九州から乗って来ている人はすでにかなりお疲れの様子。まだ運がいいと思う。
発車した新幹線も広島止まり。広島から先もどうなるかわからないとのアナウンス。
広島で降りて、ホームの入線表示を確認すると、50分後に東京行きのぞみが入ってくると表示が出た。
これはしめたと、弁当を買い、表示の番線に並んだ。
ホームは、広島で降りた人と乗る人で、どんどん人があふれていく。
人が多すぎて、乗車待ちの列もだんだん乱れ始める。
その時、さっき出た東京行きのぞみの表示が消える!
え~っと思ったがどうしようもないので、次もこの番線に表示が出ることを祈って
そのまま並ぶことに。
しかし、しばらくして、今度は反対側の番線に東京行きの表示が!
どこが列の末尾かわからない状況だったが、思い切って反対側に移動。
でも、この位置ではとても座れそうにない。座れないとこの弁当も食べられない。
食べずに京都まで行って食べることになると、時間的に京都でのご馳走が
おいしくなくなってしまう。
どうしたものか?
その時「グリーン車なら座れるかも」と思いつき、思い切って移動する。
グリーン車のあたりも人が多いが、座れる可能性がかなり高いはず。
それも、この番線に時間通りに入線してくれたらの話しだが・・・
これ以上遅れたらホームがパンクする状態で、のぞみが入線!
みんな疲れた表情で乗車するが、すでに通路は立ってる人で一杯だった。
めでたくグリーン車に座れる。
で、車掌さんに「空いてる席の切符を買いたい」というが、どの車掌さんも
「少し待って下さい」ばかり。
他にも私のように切符を買いたいと声をかける人がいるが、忙しくて対応できない
様子。
私は、早く自分の席で弁当が食べたいので、度々呼び止めた。
やはり、心情的に、人の席では弁当を広げられない。
しばらく後、やっと空いた席に案内してくれて、切符を発券してくれた。
落ち着いて弁当を食べるが、シートが良すぎるのもちょっと落ち着かない。
ずいぶん久しぶりのグリーン車だったからか。
そして、長時間かかって、無事京都に到着。
改札の前で「のぞみ利用の方には払い戻しがあります」と案内している。
グリーン料金とほぼ同額が払い戻しとなった!!! 
得した気分になって、京都の会場へ向かい、お祝いの会に間に合ったのである。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK