1. HOME
  2. ブログ
  3. 国家の品格

国家の品格

2月はブログに全く手つかずというお粗末でした。反省です。
弥生3月、明日、明後日とは寒くなるようですが、春を感じるようになりました。
花粉の季節でもあり、鼻の調子が良かったり、悪かったり。
さて、本というものはなかなか一気に読めないのが常ですが、先日買ったは文庫本は
「なるほど」「うんうん」とすぐに読み終えた、おもしろい本でした。
今話題の、数学者藤原正彦さんが書いた『国家の品格』(新潮新書)です。
合理とか論理、自由・平等、民主主義・・・こうした欧米の輸入品を疑ってこなかったことの過ち。
武士道精神や情緒・感性を大切にしてこなかったことへの警鐘。
なんと、数学の天才にも自然への情緒が必要なんだそうです。
そして、日本と日本人に勇気と自信を与えてくれる本です。
訴訟の多さからしてアメリカはルールの国と言われますが、アメリカでも日本でも
今日の事件をみるといくらルール(法律)をつくっても、ルールの規制では社会が良くならない、
そう思えます。
日本は道徳観の高いマナーの国であったはず。
日本の良き特異さに一番気づいてないのは、今の日本人なのかも知れませんね。
是非ご一読を。

カテゴリー

最近の投稿

過去の記事

月を選択

LINK