祭事・神事

季節の祭事

歳旦祭
1月1日
新年を寿ぎ、地域の発展と皆様の幸福を祈る年の初めのお祭りです
守札焼納祭
1月15日
1年間お守り頂き神社に返納された神札や御守を、浄火によりお焚き上げします。
この日は各地で、正月飾りなどを焚くどんど焼が行われます。
節分祭・豆まき神事
2月3日
邪気を祓い新しい春を迎えようと願う節分の厄除け行事。厄除開運、家内安全の祈願にお参り下さい。
建国祭
2月11日
神武天皇が橿原宮に即位された建国紀元の日で、建国を偲び 、国を愛する心を養う日です。
先人の努力に感謝し、国の平安と繁栄を祈ります。参列者には、国旗と冊子「日本の息吹」を贈呈します。
祈年祭
3月
児玉神社例祭
3月10日
旧陸軍記念日のこの日、明治の軍人、政治家として近代日本の発展に大いに尽くされた郷土の偉人、
児玉太郎大将を祀る児玉神社の例祭を行います。ご祭神の功績を称え、地域と国の繁栄、世界の平安を祈ります。
祐綏神社例祭
4月3日
祐綏神社には、徳山藩初代藩主毛利就隆公と最後の藩主毛利元蕃公がまつられています。
徳山の発展を築かれた神徳を称え、末永く見守って頂くよう祈ります。
春季例祭
4月15日
遠石八幡宮の春祭りが崇敬者参列し斎行されます。豊作豊漁や産業の繁栄、地域の平安と発展を祈ります。
新宮神社例祭
5月
大祓式(おおはらえしき)
6月30日
6月30日午後4時より本殿前において、 氏子地域の罪穢れを祓い清める「大祓式」を斎行します。
ご参列の皆様には、ご一緒に大祓詞を奏上し、切麻(きりぬさ)と呼ぶ祓いの具で、ご自身を祓い清めていただいております。
大徳山夏祭り・遠石八幡宮神輿渡御
7月21日
徳山スクランブル交差点より遠石八幡宮の神輿渡御が行われます。
貴布祢神社例祭
8月
周南市粭島に鎮座する貴布祢神社(宮司黒神直大)の例祭で、
古くは旧暦6月10日・11日に、現在もそれに近い土・日曜日に行われます。
遠石八幡宮秋季例大祭
9月15日
特別崇敬者・地域の代表の方々が参列し、皇室の弥栄と国の平安、 地域の繁栄と氏子崇敬者の幸福を祈願する祭典が行われます。
御神幸祭・赤子まいり
9月17日
キャンドルナイト
9月
神宮大麻頒布始祭
10月
新嘗祭(にいなめさい)
11月23日
「新」は新穀を意味し、「嘗」とは神に食物を供えること、または神と供食することを意味しています。
その年に収穫された新穀を神様にお供えし、豊作を祝いまた感謝するお祭りです。
大絵馬かけ替え
12月1日
1年間本殿に掲げられた大絵馬を、 翌年の干支の大絵馬にかけ替えます。
毎年、八幡宮近くの和光保育園の園児たちも見に来てくれます。
天長祭
12月23日
天皇陛下の御誕生日を祝い、陛下のご長寿と皇室のご繁栄をお祈りします。
師走大祓式・除夜祭
12月31日
一年間の神恩に感謝する、今年最後のお祭りです。