トップ >> 美しい日本の結婚式 >> 神前挙式

神前式 披露宴会場 婚礼料理 プラン 御衣裳 スタッフ よくあるご質問 トップへ戻る

遠石八幡宮の結婚式は、結婚式専用の御殿の儀式殿にて行います。
神前結婚式場としては県下最大規模、50名参列と屈指の荘厳さを有する御殿です。
神前の凛とした空気の中、たくさんの祝福に包まれながら日本正統の儀式によって
固い契りを結ぶ瞬間は、生涯忘れ得ない佳き日となるでしょう。

神前式次第

現在の神前結婚式は、家庭における婚儀の形や諸礼家の作法を集大成し我が国の伝統的な考え方を継承したものとなります。
家と家を結び付けるのが結婚であるという考え方に基づき、神職と巫女がご両家の縁結びをします。 全体の所要時間は30分〜60分くらいです。

夫婦円満絵馬 儀式殿横には、丸い形の「夫婦円満絵馬」が、数々のご夫婦の手によって奉納されています。
社会は家庭の集合体、家庭の中心は夫婦。夫婦円満は良き社会の根本です。晴れて夫婦となって佳き日に、「夫婦としての決意」を絵馬に記してください。結婚記念日はもとより、神さまに円満を願いたい時にこそ、ぜひ夫婦揃って参りし、神様のお蔭を授かっていただきたいと願います。

挙式会場

御本殿

  • 40名様まで
  • 午後1時〜午後5時まで
  • ※午前中は一般のご参拝があるため、受付できません。
    ※冷暖房設備がございませんので、夏季冬季はお避けになられた方が良いかと思います。なお、儀式殿での挙式は、午前10時より、年間を通して受け付けております。

    儀式殿

  • 50名様まで
  • 1年中受付可能です。午前10時〜午後5時まで
  • ※冷暖房設備が整っております。挙式は、午前10時より、年間を通して受け付けております。

    このページの先頭へ